妊娠後期に注意

妊娠初期の妊婦が葉酸不足になると胎児に先天性疾患が起こりやすいとされ、妊婦は1日400ugの葉酸を摂取する事が推奨されています。葉酸はビタミンB群の一種であり水溶性ビタミンに入るため、摂取して余った分は尿中に排出されます。しかしとりすぎに対しても悪影響がある事が問題となっていて、1日1000ugを越えないように注意が必要です。

 

 

葉酸を食品だけで摂取する場合には、ホウレン草なら1日2束程度で約400ugなのでとりすぎになる事はまずありませんが、サプリメントを使用する時には気を付けます。とりすぎによる悪影響とは、胎児が喘息やアレルギーなどになる可能性が高くなる事があります。特に妊娠後期に葉酸をとりすぎとリスクが高くなるとされていますので、妊娠後期の妊婦は特に注意が必要です。葉酸のとりすぎの悪影響は妊婦にも出る事があり、不眠症やむくみ、食欲不振、はきけ、痒み、ジンマシンなどが報告されています。これらの悪影響は食事からの摂取では問題はありませんが、サプリメントの場合には天然素材だけのものよりも合成葉酸の方が悪影響が出やすい傾向にあります。サプリメントを選ぶ時には成分や安全性もしっかり確認して、容量を必ず守る事が大切です。