妊娠出産を終えて痔になってしまったり、もともとあった痔が悪化してしまう事はとても多いです。

 

妊娠をすることによって子宮が大きくなってしまうため、
直腸、肛門周囲の静脈は圧迫されて慢性的な鬱血状態になることになります。

 

さらに妊娠中は便秘になってしまう傾向があります。
こういったことが排便時の負担に重なって痔になってしまうことがとても多いのです。
さらに分娩時のいきみによって悪化することもあります。

 

妊娠中にできた軽い状態のものは、分娩が終わると自然に治ることになりますが、
なかなかよくならないケースもあります。

 

産後2ヶ月ぐらいまでの間は自然に治るかどうかを塗り薬で経過を観察しても良いでしょう。
軽いものは大抵この頃までに治ってしまいます。

 

産後検診の時点で症状がすっきりしない場合、症状が長引いてしまうこともあります。
検診の時点までに治らない場合は、きちんと治療しなけばならないと判断して問題ないかと思います。

 

 

治療法は、症状の状態に合わせてさまざまになりますが、
場合によっては手術になるケースもあります。

 

何れにしても、早いうちに医者を受診することが大切です。
ふたりめの子供を計画しているなればとても大切なことになります

 

 

。妊娠することそのものは問題ありませんが、今のまま妊娠すると次はさらに悪化する可能性が高くなります。
妊娠出産は是非根本的な治療を受けて完全に完治させてからがのぞましいでしょう。

 

放置した状態で次の妊娠をした場合、さらに症状が悪化してしまうことがあって妊娠中に別の意味で手術するといったことになりかねません。
妊娠前にはできるだけ体の異常を治療して良い条件にしておいた方がベストといえます。

 

ベルタ葉酸サプリで予防が期待できる事