顕微授精は怖い?

人工授精において顕微受精特有の問題もしておく必要があります。
一般的な妊娠では、女性の体内に放出された多くの精子の間に激しい生存争いが生まれます。

 

 

この戦いを勝ち抜くことができたたったひとつの精子だけが卵子と受精できることになります。
一番優秀な精子が受精することになるとも考えられます。

 

 

この部分では人工的な施しが変わる事はなく、あくまで自然の摂理に従った競争になります。

 

ですが、顕微受精においては、この経緯が省かれることになります。

 

 

あくまで人工的に、多くても数百の精子の中から人為的に選ばれた精子と卵子と受精されてることになります。
そのため、競いやって一番優秀な精子が選ばれると言う摂理が働きません。

 

 

乏精子症の男性との間に顕微受精行って生まれた赤ちゃんは、
男性不妊の形質を受け継ぐ可能性が高いのではないかと言うデータが寄せられています。

 

 

乏精子症や無精子症の男性は、遺伝や染色体の異常が高確率で存在してると言われています。

 

 

男性不妊が原因の夫婦の間での、顕微受精は、医学的な検討がしっかりと解明されているとは言えないことになります。

 

男性不妊が原因の夫婦の顕微受精は、流早産や子宮内胎児死亡、
胎盤早期隔離など、妊娠中の問題の頻度が高いことも知られています。

 

顕微受精による問題をしっかり理解した上で、行う必要があります。

関連ページ

人工授精〜成功確率・リスク・痛みなど
人工授精について説明します。
人工授精、女性の負担など
人工授精における女性の負担についてお話します。
機能性不妊と人工授精
機能性不妊と人工授精について
人工授精は怖い?
人工授精は怖いというイメージもあるかと思います。
高度生殖医療のメリット・デメリット
高度生殖医療のメリットやデメリットについて
体外受精での多胎
体外受精における多胎について