高度生殖医療でのリスクなど

女性の卵巣から卵子を体の外側に取り出す、
精子と受精させること体外受精といいます。

 

 

高度生殖医療である体外受精が、今まで妊娠を諦めなければならなかった状態に対して、
妊娠を可能にした事は大きな進歩であるといえます。

 

 

これに加え、顕微受精では男性不妊の視点にも大きな影響を与えることになりました。

 

 

しかしながら、高度生殖医療には数々の問題があるのも事実です。

 

 

  • 肉体的な問題
  • 経済的な問題
  • 精神的な問題
など治療を受ける患者さんに対して数々の問題がかかってきます。

 

 

体外受精の1回あたりの治療費は、30万から60万円と医療機関によっては違いが出ていますがかなり高額になってきます。
それなのに、妊娠率は1回当たり20パーセント前後になってしまっています。

 

もともと体外受精は、卵管に異常があり、
卵子が子宮にたどり着くことができない患者さんに対して行う治療として始まりました。

 

 

そして、体外受精は、子宮内膜症の方や、男性の乏精子症の患者さんなどに適応されるようになってきました。

 

人工授精を何度繰り返しても妊娠することができない場合や、
機能性不妊の方にも適応されています。

 

 

一般的な夫婦が、一回の排卵周期で妊娠する確率は30パーセント前後と言われています。

 

 

これは体外受精の妊娠率とほぼ同じだといえます。

 

つまり、これは自然妊娠においても、体外受精においても、
妊娠確率はほとんど変わらないということがいえます。

 

このバランスをきちんと理解した上で、リスクを考えて体外受精をうけるかどうか、判断するようにしましょう。

 

関連ページ

人工授精〜成功確率・リスク・痛みなど
人工授精について説明します。
人工授精、女性の負担など
人工授精における女性の負担についてお話します。
機能性不妊と人工授精
機能性不妊と人工授精について
人工授精は怖い?
人工授精は怖いというイメージもあるかと思います。
体外受精での多胎
体外受精における多胎について
顕微受精は怖い?デメリットなど
顕微受精のデメリットについて