人工授精の怖さとは?

人工授精に対して、あまりよくないイメージを持っている人も多いな気がします。

 

やはり人為的に行う受精と言うイメージで、怖いと感じてしまっている方も多いのかもしれません。
確かに精液を直接子宮の中に入れるということで、治療を行うものになりますが、
そこから先の流れは通常の自然妊娠と変わりはありません。

 

 

人工授精を始めてしまうと、夫婦の中で、妊娠と子作りがイメージ的に別れてしまうことが多いようです。

 

 

そのため、不妊治療を続けることに対して、
人工授精が怖いといったイメージにつながってしまうのです。

 

 

しかしながら、こういったイメージは夫婦の意識を変えることが大切になります。
人工授精を行うとしても、自然妊娠も同時並行で行うということです。

 

 

つまり、人工授精での妊娠を期待しつつ、自然妊娠も期待するということになります。
両方行うことによって、人工授精による妊娠率の低さを補うことが可能になるのです。

 

 

このようなイメージに変わることが出れば、人工授精は自然妊娠の補助的な役割として考えられるのではないでしょうか。
人工授精を受ける場合の注意点として、薬の問題がられますます。

 

 

薬の必要性をきちんと理解し、必要がなければ使わないと言う方法も視野に入れるべきです。
特に、hCG製剤は排卵を強く促すことによって、
黄体機能を改善させると同時に、卵巣を強く刺激してしまうので、長い目で考えると卵巣の老化を早めてしまうと言うリスクが考えられるからです。

 

 

そのためきちんと人工授精のことを理解して行う必要があります。

 

 

男性側に軽度の乏精子症がある場合や、もしくは女性側の頚管粘液不全など、
十分な精子の数が、膣から子宮の中へ移動するのが難しいと考えられるような場合は、人工授精は有効な治療となります。

関連ページ

人工授精〜成功確率・リスク・痛みなど
人工授精について説明します。
人工授精、女性の負担など
人工授精における女性の負担についてお話します。
機能性不妊と人工授精
機能性不妊と人工授精について
高度生殖医療のメリット・デメリット
高度生殖医療のメリットやデメリットについて
体外受精での多胎
体外受精における多胎について
顕微受精は怖い?デメリットなど
顕微受精のデメリットについて