不妊治療の検査で男性側の精液に異常が確認されることがなければ、
次は女性側の異常の検査において確認することになります。

 

 

ですが、女性が妊娠しやすいかどうかを調べ出すととても長い間行わなくてはならなくなってくるのです。
どこまでいっても答えがはっきりしないのが難しい所です。

 

 

  • 子宮の問題
  • 卵巣の問題
  • 卵管の問題
  • ホルモンの分泌の問題
  • 精子と子宮の相性の問題

とても多くの観点から検査を重ねていかなくてはなりません。

 

 

そして、結果的にあらゆる検査を行ったとしても、
30パーセント程度の女性は、原因が特定できない機能性不妊という判断が下さることになります。

 

 

機能性不妊とは、つまりのところ原因不明の次ということになります。

 

 

機能性不妊という判断が下される流れとしては、
特定される原因は存在していても、医療機関の設備によって、もしくは医師の判断能力の限界によって原因に到達できない場合、根本的な原因として特定されるべきものが存在していないために、あらゆる検査をしても結果が得られないと言う状況です。

 

 

このような機能性不妊の状態においても、人工授精は行われることになります。
精子と卵子の距離を縮めてあげる役割と、高度生殖医療に進む前の一般的な治療として行われます。

 

 

この場合の女性の不妊治療は、ストレスが大きくなるかもしれません。
原因がわからない状態で行っていく治療というのはとても不安を感じるものです。

 

 

どこまで行けば妊娠することができるのか
いまいちはっきりとわからない状態での検査や治療はとても苦痛になってきます。

 

 

希望的観測の上に延々と続いてゆく治療はとてもストレスになってしまうのでしょう。

 

 

このような状態になった場合は、今後どのようにして
自分は妊娠に向けてステップアップしていきたいのかをしっかりと伝える必要があります。

 

 

葉酸サプリについて

関連ページ

人工授精〜成功確率・リスク・痛みなど
人工授精について説明します。
人工授精、女性の負担など
人工授精における女性の負担についてお話します。
人工授精は怖い?
人工授精は怖いというイメージもあるかと思います。
高度生殖医療のメリット・デメリット
高度生殖医療のメリットやデメリットについて
体外受精での多胎
体外受精における多胎について
顕微受精は怖い?デメリットなど
顕微受精のデメリットについて