一般的な人工授精は、主に男性側の精子に問題があって行われる不妊治療になります。

 

 

ですが、女性側が原因で行う場合も考えられます。
女性は排卵が近くなってくると精子を受け入れやすくするために、子宮頚管粘液を多く分泌し始めます。

 

 

この場合の子宮頚管粘液が足りていないと、
精子は子宮の中に入って行くことができなくなります。

 

 

人工授精によって精子と卵子の距離を縮め、
近道させることで妊娠の可能性を高めていこうと言う方法がとられます。

 

 

さらに、女性の体内に精子に対する抗体が発生してしまった場合などにも適用されることになります。
抗体ができてしまうと、女性の体は精子を外界からの異物侵入者として認識することになります。

 

そのため精子を何とかして排除しようとするようになります。
こういった反応は主に膣内で起こることになります。

 

 

直接子宮に近道させてあげることにより、こういったリスクを回避させてあげるのです。

 

 

女性の体に精子に対する抗体があるのかどうかは、
女性側の血液検査をすることによって確認することが可能です。

 

 

男性側の問題として捉えられがちですが、女性側も同時並行して治療を行っていくことにより、
妊娠の確率は飛躍的に向上していくことになります。

 

不妊治療においては、男女どちらかに対する一方的な治療で終わることありません。
パートナー同士お互いに妊娠確率を上げるために努力しないとならないのです。

 

 

そういった意味では精神的な支えあいがとても大切になってきます。

 

 

葉酸サプリについて

関連ページ

人工授精〜成功確率・リスク・痛みなど
人工授精について説明します。
機能性不妊と人工授精
機能性不妊と人工授精について
人工授精は怖い?
人工授精は怖いというイメージもあるかと思います。
高度生殖医療のメリット・デメリット
高度生殖医療のメリットやデメリットについて
体外受精での多胎
体外受精における多胎について
顕微受精は怖い?デメリットなど
顕微受精のデメリットについて