人工授精など

人工授精に関係しているであろう記事をまとめています。

人工授精・体外受精など関連記事記事一覧

不妊治療において、いちばんはじめの方法がタイミング法だとしたら、人工授精は2番目の方法になります。人工授精とは、男性の精液を、パートナーの子宮内に注入します。人工授精は、基本的に精子に問題がある場合、精子の数が少ない場合や精子の運動能力が低い場合に行われることになります。人工授精と言うイメージは、人為的に何かしらの機械的な方法をとって妊娠をもたらすものとイメージしている方が多いかと思います。そのた...

一般的な人工授精は、主に男性側の精子に問題があって行われる不妊治療になります。ですが、女性側が原因で行う場合も考えられます。女性は排卵が近くなってくると精子を受け入れやすくするために、子宮頚管粘液を多く分泌し始めます。この場合の子宮頚管粘液が足りていないと、精子は子宮の中に入って行くことができなくなります。人工授精によって精子と卵子の距離を縮め、近道させることで妊娠の可能性を高めていこうと言う方法...

不妊治療の検査で男性側の精液に異常が確認されることがなければ、次は女性側の異常の検査において確認することになります。ですが、女性が妊娠しやすいかどうかを調べ出すととても長い間行わなくてはならなくなってくるのです。どこまでいっても答えがはっきりしないのが難しい所です。子宮の問題卵巣の問題卵管の問題ホルモンの分泌の問題精子と子宮の相性の問題とても多くの観点から検査を重ねていかなくてはなりません。そして...

人工授精に対して、あまりよくないイメージを持っている人も多いな気がします。やはり人為的に行う受精と言うイメージで、怖いと感じてしまっている方も多いのかもしれません。確かに精液を直接子宮の中に入れるということで、治療を行うものになりますが、そこから先の流れは通常の自然妊娠と変わりはありません。人工授精を始めてしまうと、夫婦の中で、妊娠と子作りがイメージ的に別れてしまうことが多いようです。そのため、不...

女性の卵巣から卵子を体の外側に取り出す、精子と受精させること体外受精といいます。高度生殖医療である体外受精が、今まで妊娠を諦めなければならなかった状態に対して、妊娠を可能にした事は大きな進歩であるといえます。これに加え、顕微受精では男性不妊の視点にも大きな影響を与えることになりました。しかしながら、高度生殖医療には数々の問題があるのも事実です。肉体的な問題経済的な問題精神的な問題など治療を受ける患...

体外受精が一般的になってきたのは体外受精行える不妊治療医師が増えたことによるところが大きいかと思います。以前は、入院日数もそれなりに取らなくてはならなかったのですが、外来で行えるようになってきました。そのため体外受精が一般的になってきたのです。しかしながら、体外受精には妊娠率の低さとともに、いくつかの問題点が挙げられます。その中でも大きな問題点に挙げられるのが多胎です。胚移植で3つの受精卵を子宮に...

人工授精において顕微受精特有の問題もしておく必要があります。一般的な妊娠では、女性の体内に放出された多くの精子の間に激しい生存争いが生まれます。この戦いを勝ち抜くことができたたったひとつの精子だけが卵子と受精できることになります。一番優秀な精子が受精することになるとも考えられます。この部分では人工的な施しが変わる事はなく、あくまで自然の摂理に従った競争になります。ですが、顕微受精においては、この経...