高齢出産

近年ではライフスタイルの大幅な変化に伴い、女性の出産年齢はどんどん上昇しつつあります。
高齢出産と言う事は今では一般的な言葉として定着してきたかと思います。

 

 

30代前半で第一子を出産する方が増えるに従って、ふたりめが40前と言う方も少なくありません。

 

 

場合によっては、かなりの高齢で出産したケースも多数確認できますが、
産婦人科の現場では40歳代の出産は珍しくありません。

 

 

厚生労働省の全国統計を見てみると、日本では50歳代の出産が1年間に数件といったデータがあります。
ですが全ての場合誰でも40歳代半ばまでに妊娠や出産が可能と言うわけではありません。

 

 

閉経年齢には40歳前半から50歳半ばと10年位の幅があります。
閉経に向かって卵巣機能は徐々に低下していきます。

 

 

不妊治療の方法として行われる体外受精の成功率は、
30歳代後半になると低下傾向が確認されています。

 

 

年齢とともに受精卵に染色体異常が起こる確率が上昇することが確認されています。
流産率も35歳以降ではそれ以前の倍以上になることが確認されています。

 

 

またお母さんの健康面についても、
年齢とともに糖尿病や高血圧といった生活習慣病の様子が変わっていくことになります。

 

 

妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群の頻度が高くなってしまう
子宮筋腫や子宮内膜症などの異常が増えてくると言った心配があります。

 

 

このような状態を踏まえ、きちんと日ごろから体調管理をしながらの出産計画を立てることが重要です。
中でも2人目以降の出産の場合、先のお子さんの生地と重なり体の負担が増えることになるので
しっかりとした配慮が大切になってきます。

 

 

ベルタ葉酸サプリはどうなのか?

関連ページ

血管年齢を若くする方法
血管年齢を若くするには、必要な栄養素を摂取する方法があります。
不妊治療とは?本当に大丈夫なの?
不妊治療について説明します。
妊娠率の驚きの事実
妊娠率について
婦人体温計は高いほうが良いの?水銀とデジタルでは?
婦人体温計について
不妊治療をしない選択は?
不妊治療をしない選択について説明します。
漢方薬で不妊治療はできるの?
漢方薬で不妊治療について
男性不妊
男性不妊について
排卵誘発剤とは?大丈夫なの?
排卵誘発剤とはどういった影響があるのでしょうか?
排卵誘発剤(排卵促進剤)の注射
排卵誘発剤の注射について
不妊と黄体機能不全〜治療法・サプリなど
不妊と黄体機能不全について
子宮内膜症での不妊は治る?痛み・症状など
子宮内膜症での不妊について
妊娠と子宮筋腫〜不妊原因・症状・治療など
妊娠と子宮筋腫について
機能性不妊〜原因不明不妊
機能性不妊について説明します。
子宮卵管造影検査は妊娠しやすい?
子宮卵管造影検査は妊娠しやすいという事が言われていますが、、、
不妊の腹腔鏡検査・子宮・癒着・治療など
不妊治療の進め方
不妊治療の進め方について
不妊治療とセカンドオピニオン
不妊治療とセカンドオピニオンについて
不妊治療医療期間の選び方
不妊治療医療期間の選び方についてです。