最近はあらゆる医療の分野でセカンドオピニオンが注目されています。

 

もちろん不妊治療においてもセカンドオピニオンは大切になってくるかと思います。

 

セカンドオピニオンとは、
現在受けている治療について、個人的にしっくり考えられていない場合や、
自分だけでは判断できないことがあったとき、別の医師に意見を求めるということです。

 

 

不妊治療においては、第一段階のタイミング法は健康保険が適用されます。

 

 

ですが第二段階の人工授精からは自由診療となります。
自由診療は保険診療に比べ、医師の能力が大きく関係してきます。

 

 

直接他の医師のもとを訪ねて意見を求めるよりも、
最近では公的な不妊相談を行っているところもあります。

 

 

ネット上で相談に乗ってくれる医師もたくさんいらっしゃいます。
治療においては、病気という不安を抱えて医者に訪れます。

 

 

それはつまりのところその病気対する不安を消したいと考えていくのではないでしょうか。
この不満を持った状態で治療を付けることが心身ともに疲弊を招く原因となります。
少しでも納得がいかないと感じた場合、他の人間にも相談してみることが大切です。

 

 

我慢していたとしても、不安は時間とともに増えていきます。
しっかりと話し合った上で納得した治療をおこなっていけるような行動とることが大切です。

関連ページ

妊娠できる年齢
妊娠できる年齢について
血管年齢を若くする方法
血管年齢を若くするには、必要な栄養素を摂取する方法があります。
不妊治療とは?本当に大丈夫なの?
不妊治療について説明します。
妊娠率の驚きの事実
妊娠率について
婦人体温計は高いほうが良いの?水銀とデジタルでは?
婦人体温計について
不妊治療をしない選択は?
不妊治療をしない選択について説明します。
漢方薬で不妊治療はできるの?
漢方薬で不妊治療について
男性不妊
男性不妊について
排卵誘発剤とは?大丈夫なの?
排卵誘発剤とはどういった影響があるのでしょうか?
排卵誘発剤(排卵促進剤)の注射
排卵誘発剤の注射について
不妊と黄体機能不全〜治療法・サプリなど
不妊と黄体機能不全について
子宮内膜症での不妊は治る?痛み・症状など
子宮内膜症での不妊について
妊娠と子宮筋腫〜不妊原因・症状・治療など
妊娠と子宮筋腫について
機能性不妊〜原因不明不妊
機能性不妊について説明します。
子宮卵管造影検査は妊娠しやすい?
子宮卵管造影検査は妊娠しやすいという事が言われていますが、、、
不妊の腹腔鏡検査・子宮・癒着・治療など
不妊治療の進め方
不妊治療の進め方について
不妊治療医療期間の選び方
不妊治療医療期間の選び方についてです。