不妊治療を行う際、ほとんどの方が初めてになりますので、
どのような流れで進めたらいいのか不安に思う方がほとんどかと思います。

 

 

不妊治療の大体の流れとしては、まずはタイミング法から始まります。

 

それでも赤ちゃんができなければ人工授精を行います。
それでも無理な場合、体外受精や顕微受精と進んでいきます。

 

 

その過程で、至急卵管造影検査など、あらゆる検査や治療を受けることになります。

 

同時並行して検査を行いながら、タイミング法を大体半年から1年、
その後人工授精を5回から10回の間で行い、体外受精や顕微受精流れるのが一般的な動きです。

 

 

不妊治療の場合、結果がなかなか妊娠という形ではっきりと現れるわけではないので、
その期間にあせってしまう方が多いようです。

 

 

そのため不妊治療を受けると決めた場合は、自分たちがどのような流れで治療を行い、どこまでなら耐えられるのかということをきちんと確認しておくことが大切です。

 

 

闇雲に長期間次の治療を行う事はお勧めできません。
不妊治療は心身ともにとても大きなストレスを送るものです。

 

自分たちの考えていることと、体の状態をしっかり理解した上で、
どの様な方法をとるのかをしっかりと事前に話し合っておくことが大切です。

関連ページ

妊娠できる年齢
妊娠できる年齢について
血管年齢を若くする方法
血管年齢を若くするには、必要な栄養素を摂取する方法があります。
不妊治療とは?本当に大丈夫なの?
不妊治療について説明します。
妊娠率の驚きの事実
妊娠率について
婦人体温計は高いほうが良いの?水銀とデジタルでは?
婦人体温計について
不妊治療をしない選択は?
不妊治療をしない選択について説明します。
漢方薬で不妊治療はできるの?
漢方薬で不妊治療について
男性不妊
男性不妊について
排卵誘発剤とは?大丈夫なの?
排卵誘発剤とはどういった影響があるのでしょうか?
排卵誘発剤(排卵促進剤)の注射
排卵誘発剤の注射について
不妊と黄体機能不全〜治療法・サプリなど
不妊と黄体機能不全について
子宮内膜症での不妊は治る?痛み・症状など
子宮内膜症での不妊について
妊娠と子宮筋腫〜不妊原因・症状・治療など
妊娠と子宮筋腫について
機能性不妊〜原因不明不妊
機能性不妊について説明します。
子宮卵管造影検査は妊娠しやすい?
子宮卵管造影検査は妊娠しやすいという事が言われていますが、、、
不妊の腹腔鏡検査・子宮・癒着・治療など
不妊治療とセカンドオピニオン
不妊治療とセカンドオピニオンについて
不妊治療医療期間の選び方
不妊治療医療期間の選び方についてです。