不妊症の検査をいろいろ行ってみても、
30パーセントの女性に機能性不妊という診断名が下されることになります。

 

 

機能性不妊とは、不妊に関係する確かな異常が見つからない、
原因不明の不妊症ということです。

 

あらゆる問題がかかわる不妊だからこそのデータと言えるかもしれません。

 

 

卵巣、子宮、卵管などの器官、基礎体温、ホルモンバランス、さらに男性因子である精液の検査、精子と子宮内環境の相性を調べるテストなどを行った上で診断されることになります。

 

 

ここ数年では、機能性不妊の人には腹腔鏡検査が行われるようになってきました。

 

外国では、機能性不妊の基本的な検査となっています。
機能性不妊の人に、腹腔鏡の検査をするとかなりの高い確率で、子宮内膜症が発見されます。

 

 

また、卵管から飛び出してきた卵をキャッチする部分に異常がみつかることもあります。
卵管周囲の癒着なども腹くう鏡検査によって確認されることが多いようです。
そのまま同時に治療も行うことが可能です。

 

 

腹くう鏡検査は入院設備のある産婦人科で行うことが可能です。

 

もしも機能性不妊と診断されることがあったら、今までどのような検査を行ってきたのか、
しっかりと確認しておくことが大切です。

 

 

機能性不妊の診断は、医師の診断能力によっても大きく分かれることになります。

関連ページ

妊娠できる年齢
妊娠できる年齢について
血管年齢を若くする方法
血管年齢を若くするには、必要な栄養素を摂取する方法があります。
不妊治療とは?本当に大丈夫なの?
不妊治療について説明します。
妊娠率の驚きの事実
妊娠率について
婦人体温計は高いほうが良いの?水銀とデジタルでは?
婦人体温計について
不妊治療をしない選択は?
不妊治療をしない選択について説明します。
漢方薬で不妊治療はできるの?
漢方薬で不妊治療について
男性不妊
男性不妊について
排卵誘発剤とは?大丈夫なの?
排卵誘発剤とはどういった影響があるのでしょうか?
排卵誘発剤(排卵促進剤)の注射
排卵誘発剤の注射について
不妊と黄体機能不全〜治療法・サプリなど
不妊と黄体機能不全について
子宮内膜症での不妊は治る?痛み・症状など
子宮内膜症での不妊について
妊娠と子宮筋腫〜不妊原因・症状・治療など
妊娠と子宮筋腫について
子宮卵管造影検査は妊娠しやすい?
子宮卵管造影検査は妊娠しやすいという事が言われていますが、、、
不妊の腹腔鏡検査・子宮・癒着・治療など
不妊治療の進め方
不妊治療の進め方について
不妊治療とセカンドオピニオン
不妊治療とセカンドオピニオンについて
不妊治療医療期間の選び方
不妊治療医療期間の選び方についてです。