近年、子宮内膜症の女性は確実に増えてるとされています。
女性の体は、生理が終わってしまうと子宮内膜が厚くなり始め、着床に向けて準備を始めることになるのですが、
一般的に受精が成立しなければ、子宮内膜は剥がれてしまい、生理として体外に排出されることになります。

 

ですが、本来子宮内にあるべき子宮内膜が、
腹膜や卵巣など本来と違った場所で増殖してしまうことがあります。
これが子宮内膜症です。

 

 

さらにこの間違った場所に到着してしまった子宮内膜は周りの臓器と癒着起こしてしまいます。
これは卵管の通過障害などが、引き起こされ不妊の原因となってしまいます。

 

また、受精卵の着床障害に関しても深く関係しているのだないかという意見もあります。

  • 腹痛
  • 重い生理痛
  • 性交痛
などの症状を訴える場合が多々あります。

 

 

治療法として一般的なのは、偽閉経療法、男性ホルモン剤の投与などがあります。
偽閉経療法とは、薬でエストロゲンなどの分泌を抑え、人工的に閉経状態をつくり出すことを言います。

 

間違った場所にできてしまった子宮内膜が、生理周期に合わせて増殖してしまうのですから、
一定期間の間で生理をなくすることが治療になります。

 

 

こういったことから総合的に子宮内膜症の1番の治療法は、妊娠することになります。

 

ですが子宮内膜症が確認されると妊娠しにくいことになります。このジレンマがとても精神的につらいのです。

 

 

女性ホルモンの分泌を抑える薬には、点鼻薬と注射があります。
長い間使用するとあまり良くないとされていますので、この治療においては半年をめどにされています。

 

 

その他には、男性ホルモン剤の投与があります。
女性ホルモンを分泌する卵巣の機能を抑えることにより、間違ったところに増えてしまった子宮内膜を萎縮させる働きがあります。

 

ですが体毛が濃くなってしまい声が低くなるなど男性化現象が起こることもあります。
最近では腹腔鏡などが有効とされています。

関連ページ

妊娠できる年齢
妊娠できる年齢について
血管年齢を若くする方法
血管年齢を若くするには、必要な栄養素を摂取する方法があります。
不妊治療とは?本当に大丈夫なの?
不妊治療について説明します。
妊娠率の驚きの事実
妊娠率について
婦人体温計は高いほうが良いの?水銀とデジタルでは?
婦人体温計について
不妊治療をしない選択は?
不妊治療をしない選択について説明します。
漢方薬で不妊治療はできるの?
漢方薬で不妊治療について
男性不妊
男性不妊について
排卵誘発剤とは?大丈夫なの?
排卵誘発剤とはどういった影響があるのでしょうか?
排卵誘発剤(排卵促進剤)の注射
排卵誘発剤の注射について
不妊と黄体機能不全〜治療法・サプリなど
不妊と黄体機能不全について
妊娠と子宮筋腫〜不妊原因・症状・治療など
妊娠と子宮筋腫について
機能性不妊〜原因不明不妊
機能性不妊について説明します。
子宮卵管造影検査は妊娠しやすい?
子宮卵管造影検査は妊娠しやすいという事が言われていますが、、、
不妊の腹腔鏡検査・子宮・癒着・治療など
不妊治療の進め方
不妊治療の進め方について
不妊治療とセカンドオピニオン
不妊治療とセカンドオピニオンについて
不妊治療医療期間の選び方
不妊治療医療期間の選び方についてです。