黄体不能不全とは不妊の方によく確認される病気となっています。

 

黄体とは、卵巣の中で成熟した卵胞は、LHサージによってやぶれ、卵子がとび出すことになります。
この状態を排卵と呼びますが、卵胞は残ることになります。

 

この残った卵胞が変化したものが黄体となります。
黄体は、黄体ホルモンを分泌し、女性の体温を上昇させます。

 

これは妊娠しやすい子宮環境を作ることにつながります。
黄体機能不全とは、黄体から分泌される黄体ホルモンが十分に機能していない状態のことをいいます。

 

 

プロゲステロンが、体温を上昇させ、妊娠を継続させるホルモンとなりますから、
この分泌が十分ということにならなければ、体の高温期が短くなり、生理周期も短くなってしまいます。
そのため基礎体温表をつけていなくては黄体機能不全であるかと自分を知ることができないのです。

 

 

高温期の日数が、10日以内の場合、
高温期と低温期の平均の差が0、3℃以内の場合は黄体機能不全を疑う必要があります。

 

 

医者に行った場合、高温期の真ん中頃に採血を行います。
黄体ホルモンの値を調べます。

 

黄体機能不全の明確な診断基準は確立されていませんが、ホルモンの値が少ないと診断されることが多いようです。

 

治療法

黄体ホルモンを飲み薬や注射器で補う方法が取られてきました。
しかしながら近年では黄体機能不全に対する考え方が大きく変化してきました。

 

一般的な方法として浸透してきているのは、排卵誘発剤などによって排卵を促進させるというものです。
この治療を取ることによって妊娠ができたという報告も多々あります。

関連ページ

妊娠できる年齢
妊娠できる年齢について
血管年齢を若くする方法
血管年齢を若くするには、必要な栄養素を摂取する方法があります。
不妊治療とは?本当に大丈夫なの?
不妊治療について説明します。
妊娠率の驚きの事実
妊娠率について
婦人体温計は高いほうが良いの?水銀とデジタルでは?
婦人体温計について
不妊治療をしない選択は?
不妊治療をしない選択について説明します。
漢方薬で不妊治療はできるの?
漢方薬で不妊治療について
男性不妊
男性不妊について
排卵誘発剤とは?大丈夫なの?
排卵誘発剤とはどういった影響があるのでしょうか?
排卵誘発剤(排卵促進剤)の注射
排卵誘発剤の注射について
子宮内膜症での不妊は治る?痛み・症状など
子宮内膜症での不妊について
妊娠と子宮筋腫〜不妊原因・症状・治療など
妊娠と子宮筋腫について
機能性不妊〜原因不明不妊
機能性不妊について説明します。
子宮卵管造影検査は妊娠しやすい?
子宮卵管造影検査は妊娠しやすいという事が言われていますが、、、
不妊の腹腔鏡検査・子宮・癒着・治療など
不妊治療の進め方
不妊治療の進め方について
不妊治療とセカンドオピニオン
不妊治療とセカンドオピニオンについて
不妊治療医療期間の選び方
不妊治療医療期間の選び方についてです。