排卵誘発剤でも注射があります。
ですがこの場合全く別の薬がと考えることが妥当です。

 

注射の場合の排卵誘発済としては、HMG製剤などが一般的です。

 

こういった薬は、卵巣を刺激するホルモンと同じ作用があります。
卵巣に直接働いて卵胞の発育を促すことになります。

 

服用する薬に比べて、注射薬は作用が強いという特徴があります。
注射薬の排卵誘発材は、1回に複数の排卵が起こることも考えられます。

 

そのため双子や三つ子になる確率がとても高くなります。
また、注射薬は作用が強いので用いる量や体力によって
卵巣過剰刺激症候群という副作用が起こることも考えられます。

 

 

卵巣過剰刺激症候群とは、
排卵誘発材を使用したときに、卵巣が強い刺激を受けてしまい大きく腫れ上がってしまうことをいいます。

 

クロミフェンなどをはじめとする服用薬では卵巣過剰刺激症候群はほとんどないとされています。
ですが注射薬の排卵誘発剤の場合では生じやすいとされています。

 

ほとんどの場合は、状態を観察するだけで自然と良くなっていきますか、
たまに脱水症状になって入院が必要になる場合もあります。

 

こういった治療を受ける際には、医師からの説明をしっかり受けることが大切です。
卵巣過剰刺激症候群は、若いのに卵巣の反応が良い人や、
多のう胞卵巣症候群の人に発症しやすいとされています。

 

 

体外受精を行う場合では、注射薬の排卵誘発材を使用する量が多くなり、
卵巣過剰刺激症候群の発生も増加傾向にあります。

 

体外受精は、経済的、精神的、肉体的にとても大きな負担がかかります。
まずはクリニックと入院設備の整った病院との連携についてもしっかりと確認をしておくことが大切です。

 

 

ベルタ葉酸サプリで予防が期待できる事

関連ページ

妊娠できる年齢
妊娠できる年齢について
血管年齢を若くする方法
血管年齢を若くするには、必要な栄養素を摂取する方法があります。
不妊治療とは?本当に大丈夫なの?
不妊治療について説明します。
妊娠率の驚きの事実
妊娠率について
婦人体温計は高いほうが良いの?水銀とデジタルでは?
婦人体温計について
不妊治療をしない選択は?
不妊治療をしない選択について説明します。
漢方薬で不妊治療はできるの?
漢方薬で不妊治療について
男性不妊
男性不妊について
排卵誘発剤とは?大丈夫なの?
排卵誘発剤とはどういった影響があるのでしょうか?
不妊と黄体機能不全〜治療法・サプリなど
不妊と黄体機能不全について
子宮内膜症での不妊は治る?痛み・症状など
子宮内膜症での不妊について
妊娠と子宮筋腫〜不妊原因・症状・治療など
妊娠と子宮筋腫について
機能性不妊〜原因不明不妊
機能性不妊について説明します。
子宮卵管造影検査は妊娠しやすい?
子宮卵管造影検査は妊娠しやすいという事が言われていますが、、、
不妊の腹腔鏡検査・子宮・癒着・治療など
不妊治療の進め方
不妊治療の進め方について
不妊治療とセカンドオピニオン
不妊治療とセカンドオピニオンについて
不妊治療医療期間の選び方
不妊治療医療期間の選び方についてです。