排卵誘発剤とは、
排卵を促し、黄体機能を高め、基礎体温を安定させる薬です。

 

 

一般的な不妊治療とは、タイミング法からスタートすることが多いです。
男性や女性両方に不妊の原因が特に見当たらなければ、超音波検査によって排卵日を予測し、
夫婦生活タイミングを指導することになります。

 

その時、すこしでも妊娠率を向上させるために使われるのが排卵誘発剤です。

 

 

排卵誘発剤を初めて利用する方の場合では、身構えてしまう方も少なくありません。
しかしながらそういった心配は無いのです。

 

排卵誘発剤は、排卵を促す薬です。
基本的に卵巣を刺激することになりますが、卵子そのものに作用するわけでもありません。

 

そのため排卵誘発剤によって、生まれてくる子に影響が発生する事は無いのです。
排卵誘発剤でよく使われるとは、クロミフェンという薬です。

 

クロミフェンは、無排卵や無月経の方によく用いられることになりますが、
人工授精における妊娠率を向上させるなどといった適応範囲が広い薬です。

 

 

そのため不妊治療では、排卵誘発剤と言えばクロミフェンと言われることが多いぐらいよくつかわれている薬です。

 

クロミフェンにも多少の副作用があります。

 

あくまで薬になりますので副作用が起きないものありません。
クロミフェンの場合長期間使用すると

  • 子宮内膜が薄くなってしまう
  • 頚管粘液が減少してしまう

などといった副作用が考えられます。

 

 

またこの薬を用いて妊娠した場合通常の妊娠よりほんの少しだけ流産率が高くなります。
ですが全く変わりがないといったデータもあります。

 

またごくまれに服用中に頭痛や吐き気といったことが起こることもあります。

 

さらにクロミフェンを使用した場合では、双子が生まれる確立が5パーセント高まるとされています。
ですが通常の自然妊娠でも双子で生まれる確実は意外と高いのです。
また三つ子が生まれる確率は、自然妊娠の場合とほぼ同じとされています。

 

クロミフェンの服用法は、生理が始まって5日目から、いちにち一定55日間飲むことからスタートするのが普通です。
副作用を軽減するために、生理の初日から3日あたりから服用する場合もあります。

 

 

ベルタ葉酸サプリで予防が期待できる事

関連ページ

妊娠できる年齢
妊娠できる年齢について
血管年齢を若くする方法
血管年齢を若くするには、必要な栄養素を摂取する方法があります。
不妊治療とは?本当に大丈夫なの?
不妊治療について説明します。
妊娠率の驚きの事実
妊娠率について
婦人体温計は高いほうが良いの?水銀とデジタルでは?
婦人体温計について
不妊治療をしない選択は?
不妊治療をしない選択について説明します。
漢方薬で不妊治療はできるの?
漢方薬で不妊治療について
男性不妊
男性不妊について
排卵誘発剤(排卵促進剤)の注射
排卵誘発剤の注射について
不妊と黄体機能不全〜治療法・サプリなど
不妊と黄体機能不全について
子宮内膜症での不妊は治る?痛み・症状など
子宮内膜症での不妊について
妊娠と子宮筋腫〜不妊原因・症状・治療など
妊娠と子宮筋腫について
機能性不妊〜原因不明不妊
機能性不妊について説明します。
子宮卵管造影検査は妊娠しやすい?
子宮卵管造影検査は妊娠しやすいという事が言われていますが、、、
不妊の腹腔鏡検査・子宮・癒着・治療など
不妊治療の進め方
不妊治療の進め方について
不妊治療とセカンドオピニオン
不妊治療とセカンドオピニオンについて
不妊治療医療期間の選び方
不妊治療医療期間の選び方についてです。